ソフトボールが驚くほどに上達!ソフトボール上達練習法研究会

ソフトボール上達練習法研究会タイトル

藤原初男(1951〜2010) ※所属は、撮影時点のものです。

元東海学園大学女子ソフトボール部監督

元東海学園高校女子ソフトボール部ピッチングコーチ

1951年宮崎県生まれ。日本体育大学卒業(体操・応援団)

卒業後、教員になり、ハンドボール・バレーボールの指導歴あり。

1979年一宮女子高等学校ソフトボール部の監督に就任。

初心者の指導には定評があり、藤原マジックといわれる。 香川インターハイ初出場をきっかけに全国大会連続出場。 国民体育大会準優勝2回、全国選抜大会3位2回、インターハイベスト16など。

2005年6月 東海学園大学女子ソフトボール部監督就任

2007年8月 西日本大学選手権大会初優勝
愛知県ソフトボール協会副理事長、東海地区大学ソフトボール連盟副会長等を歴任。
2010年6月17日永眠。


全国大学選手権大会優勝を目指していたが、志なかばで帰らぬ人となる。 癌に侵されていたが最期までグランドに立ち続け、ソフトボールをこよなく愛した人。
2006年ソフトボール上達練習法研究会発足以来、藤原氏の指導を受けたチームが全国優勝するなど、指導力には定評あり。特に投手指導に関しては、小学生から中高、一般選手まで親切丁寧でわかりやすい指導法で、藤原理論を実践する指導者・選手は全国にたくさんいる。
ソフトボールの底辺拡大・普及・発展に貢献。
ご遺族の協力のもと、今後は藤原理論DVD教材の収益の一部を「藤原初男ソフトボール基金」として、ソフトボールの普及に活用していく。

才野眞

須磨ノ浦女子高等学校ソフトボール部部長(元監督)

1956年 兵庫県生まれ。

1975年3月 三田学園高等学校卒

1980年3月 中京大学体育学部卒 在学中第8回明治神宮野球大会出場

1980年4月 学校法人 睦学園須磨ノ浦女子高等学校奉職

1982年4月 同校ソフトボール部監督

1988年3月 社会科教員免許取得 現在同校社会科教諭

現在、ソフトボール部部長


監督時代の戦績

全国選抜出場4回(2002年 優勝)、全国総体出場7回(最高位第3位2回)、国民体育大会出場4回(5位)、全国私立選抜大会出場10回(準優勝)他

2000年 兵庫県優秀指導者賞受賞

特にバッティングにおいては、独自のレベルスイング理論で全国制覇を達成するなど指導力には定評がある。現在は後進に監督を譲り、日本のレベル向上に努め、全国でバッティング指導を行っている。

組島千登美

1958年生まれ
八代市立第二中学校(熊本)−宇都宮女子商業高校(栃木)−東京女子体育大学

ソフトボール歴
1980年〜1984年 横尾製作所女子ソフトボール部
1984年〜1992年 株式会社デンソー女子ソフトボール部
1993年〜2004年 株式会社デンソー女子ソフトボール部監督
2005年〜2007年 湘南ベルマーレ女子ソフトボール部初代監督
 
経歴(全日本代表としての経歴)
1979年 大学3年時に日本代表に初選出。5カ国対抗戦に出場
1984年 チャレンジカップに出場
1985年 世界選手権大会9位、日中米の3カ国対抗戦、ジャパンカップに出場
1986年 カナダカップ3位
1990年 世界選手権大会5位、アジア大会準優勝
1994年 コーチとして、世界選手権大会7位、アジア大会準優勝

長年日本代表チームの捕手として活躍後、日本リーグで監督として活躍。
2009 年 4 月からは、 IEC 九州国際カレッジ専門学校女子ソフトボール部監督として学生の指導に当たる。

馬越信行

接骨院千寿堂 院長
昭和37年生まれ

■ 資格
・柔道整復師
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー

■ 職歴
岐阜市“やまが整形外科”の勤務を経て、平成13年から刈谷市に
“接骨院千寿堂”を開院。

■主なトレーナー活動歴
・ 豊田自動織機女子ソフトボール部                    
・ 西濃運輸サッカー部 当時JFL
・ 積水化学バスケット部 当時日本リーグ1部

■ 現在のトレーナーなどの活動
・ 豊田自動織機ラグビー部(トップウエストリーグ)
・ 岐阜アスレティックリハビリテーション研究会
・ 全日本リトル野球協会リトルリーグ東海連盟 メディカル講習会開催

中田まり

清和大学女子ソフトボール部監督、地域スポーツ指導員C級指導員

中学時代はバスケットボール部所属、高校からソフトボールを始め、佼成学園時代はインターハイ優勝、全日本総合選手権大会準優勝。


選手歴
フランスベッド⇒太陽誘電(選手兼コーチ)
日本代表 1985年〜1994年
(86年〜92年…日本代表チームの主将を務める)
日本リーグ1部…優勝6回
(MVP2回、首位打者1回、ベストナイン5回)
全日本総合選手権大会…優勝10回、国体…優勝4回、全日本実業団大会…優勝4回

指導歴
デンソー(コーチ兼選手)、大鵬薬品工業…監督兼選手

増淵まり子

2002年東京女子体育大学卒業。
2002年から2009年まで株式会社デンソー。

大学3年次にシドニーオリンピック出場。
決勝戦の対アメリカ戦では先発投手として活躍し、銀メダル獲得。
2010年4月から財団法人 岐阜県イベントスポーツ振興事業団に所属し、 優秀指導者として勤務するとともに、ぎふ清流国体に向け、「大垣ミナモ・ソフトボールクラブ」の投手として活躍。

[白鴎大学足利高等学校時代 戦績]
1996年 選抜大会 優勝
1996年 インターハイ 優勝
1996年 国民体育大会 優勝

[東京女子体育大学時代 戦績]
1998年 インカレ 優勝
1999年 インカレ 優勝
2000年 インカレ 優勝
2001年 インカレ 優勝

[国際大会 戦績]
1996年 アジアユース 優勝
1998年 世界選手権 3位
1999年 世界ジュニア選手権 優勝
2000年 シドニーオリンピック 2位
2002年 世界選手権 2位
2006年 世界選手権 優勝
2006年 ドーハアジア大会 優勝

田中大鉄

鈴鹿国際大学・田中大鉄監督
1958年、佐賀県生まれ。日本体育大学出身。
大学時代は全日本大学選手権優勝2回、準優勝1回。
1989年から豊田自動織機女子ソフトボール部監督。
在籍中は、日本女子ソフトボール1部リーグで優勝6回、準優勝2回。
また、全日本女子総合選手権でも優勝3回、準優勝3回。

現在は、鈴鹿国際大学監督として、2010年全日本大学選手権第3位、 東海学生秋季リーグ全勝優勝。
2011年全日本大学選手権準優勝、西日本大学選手権初優勝。
指導者として輝かしい成績をおさめている。

小田伸午

関西大学人間健康学部教授(人間・環境学博士)
神奈川県立厚木高等学校から東京大学教育学部卒、
同大学院博士過程単位修得退学。
京都大学教授を経て、2011年より現職。
元日本代表ラグビーチーム・トレーニングコーチ。
中・高校時代は陸上競技部(三段跳)、大学はラグビー部に所属。


主な著書:

スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと(大修館書店)
野球選手なら知っておきたい「からだ」のこと‐投球編(大修館書店)
野球選手なら知っておきたい「からだ」のこと‐打撃編(大修館書店)
運動科学 アスリートのサイエンス(丸善) ほか多数。

総監督兼部長:板谷昭彦

監督:平成11年から平成23年10月(現在 総監督兼部長)
出身校:和歌山県立橋本高等学校、日本体育大学
指導者戦歴:2007年、2011年 全日本大学ソフトボール選手権大会 優勝 他
13年間でインカレ優勝2回・準優勝2回・第3位3回

監督:木田京子

コーチ指導歴:平成12年から平成23年10月まで(現在監督)
出身校:京都西山高校、園田学園女子大学 日立ソフトウェアにてプレー、その後、母校の園田学園女子大学でコーチとなる。
指導者戦歴:2007年、2011年 全日本大学ソフトボール選手権大会 優勝
代表チーム指導歴:
2007年 ユニバーシアードコーチ 大学代表 3位
2009年 ワールドゲームズコーチ 大学代表 優勝
2010年 日本女子代表チーム コーチ 世界選手権 準優勝、アジア大会 優勝


コーチ:鮫島憂子

出身校:須磨ノ浦女子高等学校、園田学園女子大学
日立ソフトウェアにてプレー後、平成23年引退
戦歴:
2004年 第1回大学世界女子ソフトボール選手権大会 3位
2005年 全日本大学選手権大会 準優勝
2006年 日本リーグ 準優勝 国民体育大会 優勝
2007年 全日本総合選手権大会 3位
2010年 日本リーグ準優勝
2005年 全日本大学選手権大会 準優勝
2011年 全日本総合選手権3位 国民体育大会 優勝


渡辺祐司

京都市立樫原中学校教諭 女子ソフトボール部監督
日本ソフトボール協会技術委員 NTS代表委員
日本代表(U-16)ヘッドコーチ
平成23年度 台湾南投トーナメント 日本優勝
日本体育大学男子ソフトボール部 インカレ優勝
大学卒業後、京都教員紫クラブ入部
全日本教員大会準優勝2回、第3位3回、山梨国体出場、京都国体出場
京都教員紫クラブにて4年間監督を務め、公務の関係で35歳にて現役引退 全国中学校ソフトボール大会(平成16年)優勝
全国中学校ソフトボール大会(平成19年)3位
全国中学校ソフトボール大会 ベスト8 2回 ベスト16 2回
全日本中学生男女ソフトボール大会 ベスト8 1回
全日本都道府県対抗中学生ソフトボール大会(平成18年)京都府 優勝
選手として、指導者として、多くの大会で優勝、入賞を経験。


宇津木妙子

1953 年埼玉県生まれ。
川島中学校1 年時からソフトボールを始める。その後、 星野女子高等学校を経て日本女子ソフトボールリーグ 1 部のユニチカ垂井に所属し、1974 年世界選手権出場。
1985 年に現役引退後、ジュニア日本代表コーチを経て、ソフトボールリーグの日立高崎の監督に就任、全日本総合選手権5回優勝、日本リーグ3回優勝。1997年に日本代表監督に就任、世界選手権(翌1998年7月)で銅メダル獲得。2000年シドニーオリンピック銀メダル。
2004 年アテネオリンピック銅メダル。2004年9月、日本代表監督退任を退任。現在はルネサス高崎の総監督として活躍。

かとう由香

元気プロデュサー/ 元気倶楽部 代表/ ソフトボール上達練習法研究会 会長/特定非営利活動法人 元気健康活動協会 理事長/

スポーツにおける怪我予防研究会(1-sky) 会長/日本ノルディックウォーキング協会認定インストラクター/ 財団法人日本相撲協会相撲健康体操認定講師/ お話ドットコム 代表/げんき笑楽校校長(好調)/かとう道場主宰/ 元気サロン経営/ 元気農園共育の会/

スポーツマネジメント研究会会員/ ADA能力開発分析協会会員

1960年、愛知県一宮市生まれ。

愛知淑徳高校にてソフトボールでインターハイ出場。日本体育大学に進学しソフトボールでインカレ4連覇。全国大会入賞多数。日本体育大学体育学部体育学科卒業後、一宮女子高等学校勤務。16年間の高校教員を経て、短大広報課長、高校広報課長、高校教頭と6年間管理職に就く。部活動指導歴22年(ソフトボール部9年、テニス部13年)

2003年6月 乳がん第四期生存確率30%のため入院、克服。

2004年3月 学校法人一宮女学園退職。財団法人東京大学運動会スポーツマネジメントスクール課程履修。

これからの人生は、病気の体験を生かして人の役に立ちたいと思い独立、『元気倶楽部』を創立。

2005年1月 元気倶楽部全国展開スタート。

2006年4月 ソフトボールのお陰で今があるので、ソフトボール上達練習法研究会・スポーツにおける怪我予防研究会を発足し、スポーツ現場で役立つ情報の提供を始める。

2009年1月 特定非営利活動法人 元気健康活動協会設立。2009年4月よりソフトボールスクール事業、ナチュラルボディバランス事業開始。

2011年・2012年・2013年 大阪市立大学 非常勤講師


ソフトボールの悩みをお持ちの方へ

私は、ソフトボールを小学4年生から始めて、中学・高校・大学・クラブチームと選手歴23年、高校教員時代でのソフトボール顧問9年、テニス部顧問13年。

現在は、ソフトボールスクール主宰、地域でのスポーツ指導、大学非常勤講師、各種イベント開催、エルデストチーム監督などをしております。

ソフトボール上達練習法研究会発足の経緯は、2003年6月に末期の乳がんに罹り、それをきっかけに2004年3月末に長年お世話になった学園を退職し、健康の重要性を痛感した私はこれからの人生は、病気の体験を生かして人の役に立ちたいと思い独立、『元気倶楽部』を創設しました。その後、2006年の正月にふと「人生の半分はソフトボールにかかわっていた。末期がんを乗り越え、今があるのはソフトボールのおかげだ」と思い、ソフトボール上達練習法研究会を発足して、ソフトボールの現場で頑張っている指導者の皆さんに指導法の提供を始めました。


私は、部活の顧問時代から多くの指導者の方とお付き合いがありました。また、ソフトボール上達練習法研究会を発足してからは、ソフトボールをこよなく愛し、子どもたちのために一生懸命に指導されているたくさんの指導者の皆さんと出会いましたが、どの種目も指導者の共通の悩みは、次のような内容でした。

  • ● 指導者が努力研究し、多くの時間を費やしているのに結果が伴わない。
  • ● 指導者も選手もやる気があるのに、なぜか勝てない。
  • ● レベルの高い選手が揃っているのに、接戦で負けてしまう。
  • ● 選手たちの技術がなかなか伸びない。
  • ● いろいろな指導法を導入しているが、これでいいのかと迷ってしまう。
  • ● 初心者の指導法がわからない。

当会では、このような悩みを解消するお手伝いをしています。指導の現場で役立つ教材をご用意しておりますので、是非ご活用ください。