あなたも、冬場だけのトレーニングで満足していませんか?冬のトレーニングは大会がある夏まで蓄積できません。だから勝てない。だから怪我をしてしまうのです・・・。

かとう由香

こんにちは。ソフトボール上達練習法研究会のかとう由香です。
当研究会では、8年間で4,500名以上の会員様に教材をご提供し、
80回を超える講習会やメール相談では多くの指導者・選手のご相談にお応えしてきました。

その中で、トレーニングについてご相談を受けることも多々頂きます。
具体的には、故障が多く、一番重要な試合で思ったように力を出せない、とか、
よく肩や肘を痛めてしまって、思うような練習が満足にできないなど。
それを克服するためのトレーニングを教えてほしいというものです。

特に夏の大会前の梅雨時期とシーズン中にこそ、適切なトレーニングを採用するかしないかで試合結果に大きな差が出てしまいます・・・

なぜなら、ソフトボールチームのほとんどが、冬場だけ集中してトレーニングを行っています。 ところが、冬に作った体は夏までは持ちません。

大事な大会が重なる夏場にピークを持って行くためには、冬場だけでなくオールシーズン適切なトレーニングを行って体作りをする必要があります。

特に夏の大会前の梅雨時期は、雨の影響で外での練習時間が取れない分、室内でもしっかりとした体作りを行うことが勝敗を左右していきます。

そこで、ソフ研会長のかとうが主宰しているソフトボールスクールでは、オールシーズンを通してあるトレーニングを行っています。

通年を通じた体作りを行うようになってから、故障や怪我を防ぎパフォーマンス向上にも繋がっています。

今まで公開しておりませんでしたが、前述しましたように
故障が多く、一番重要な試合で思ったように力を出せない、
よく肩や肘を痛めてしまって、思うような練習が満足にできない
故障や怪我に強くなるトレーニングが知りたいというご質問や

梅雨の時期や雨天で広い練習場所が確保できない
グラウンドの片隅しか使用できない
新入部員が入部して人数が多く効率よく練習できない、
何かよい練習法はないか

そんなお悩みを持つ指導者の方も多いので、それらの悩みを解決すべく
ソフトボールスクールで実施しているトレーニングを公開することにしました。

ソフトボール選手のための体幹強化サーキットトレーニング

何人でもできて、道具もいらない!室内でも少ない時間でも速やかに効果が実感できる、これだけやればOKの体幹トレーニングとは?


2014年の梅雨に向けてベスト・トレーニング教材が完成しました。

このトレーニングが選手に自信と安心感をもたします。

どうせやるならスピーディに効果がある練習法で成果をつけてあげたい。
優秀な指導者なら、誰もが考えることだと思います。

そこで、ソフトボールの上達練習法を知り尽くしたソフ研が取り入れている体幹サーキットトレーニングをDVD教材として公開いたします。

梅雨に入ってから、「今日は雨だから何をしよう」と考えているようでは、出遅れてしまいます。

これをすれば梅雨時期も室内で成果の出せるトレーニングができる。そのための過不足無い内容を収録しています。

元日本リーグ投手の治療家 ソフ研専属トレーナー高夕子が指導

大事な子どもたちの体を任せられる体の専門家であり、なおかつソフトボールで全国レベルの投手経験を持つトレーナーはいないだろうか?

指導者として、子どもたちの事には一切の妥協はしたくありません。

そんな条件に合うトレーナーを探し、やっと出会えた名トレーナーが高夕子さんです。

日本リーグ投手として長年活躍した実績。
そして、鍼灸マッサージ師としてスポーツ選手の治療に携わっている体の専門家としての経験も申し分無く、ソフ研のトレーニングメニューから、故障選手のリカバリーまで、彼女にお願いして来ました。

オールシーズンを通じて、どなたにでも取り入れていただき成果の出せるトレーニング法は無いだろうか?
しかも楽しくて飽きが来なくて、選手自らがワクワクとやりたくなるようなトレーニングがいいなぁ。

その他、私が出した無茶ぶりな要求はこちら・・・

雨の日もしっかりとトレーニングできて、何人でもできて、グラウンドの片隅でもできて、室内の狭い場所でもできて、怪我や故障を防ぐことができて、パフォーマンスアップにつながる体作りができる。

この無茶ぶりな要求に応えてくれて、体幹サーキットトレーニングは完成しました。

元気ソフトボールスクール生でも採用し、すでに9ヶ月以上、週1回〜3回継続して行っています。

まだ1年足らずですが、まだ頼りなかった中学生の体幹がしっかり育ちました。
それより何より故障しない、怪我に強い身体になってきました。
技術面では、体幹がしっかりしてきたことで、打撃、守備ともに安定感がでてきました。

ソフ研が提案する体幹サーキットトレーニングを取り入れていただけると、着実にパフォーマンスアップしていただけると確信しています。

高トレーナーの指導する方法を日々の練習に取り入れていただけると、確実に成果を上げていただけると確信しています。

高夕子トレーナー

高夕子トレーナー

高鍼灸マッサージ
岐阜県立土岐商業高等学校卒業
ソフトボールの投手として、松下電工津工場 3年、NEC静岡 4年、東邦銀行 2年、デンソー 2年、湘南ベルマーレ 2年 計13年の現役生活後、鍼灸マッサージの専門学校進学後、国家資格取得。 スポーツマッサージ治療院にて、4年勤務後、2013年独立。 髙鍼灸マッサージ開院。 現在、訪問治療+コンディショニング、ピッチング講習会講師や
Genki Softball Schoolトレーナーの他、チーム指導、個別指導等で活躍中。


【現役引退後、鍼灸マッサージ師になった動機】
現役時代からパフォーマンスアップや怪我をした時にトレーナーにお世話になり、トレーナーは選手にとって身体だけでなく精神的も大きな役割があることを実感したことをきっかけにトレーナーを目指しました。
【鍼灸マッサージをする時のモットー】
患者さんのニーズに合った動きやすい身体づくりを意識して治療させていただいております。

試合に勝つための体作りができる 体幹サーキットトレーニングとは?

故障に強い体になるための「軸作り」をしながら、なおかつ試合で勝つための全身の筋肉を鍛えられる。
一石二鳥どころか、三鳥も四鳥も見込まれるトレーニング方法です。

メニューが豊富。変化に富んでいるから楽しい。だから続けられる。

人数に応じて、豊富なメニューから体幹トレーニングを採用します。

30秒やれば15秒休んで次のメニュー。そうやって次から次へゲーム感覚でトレーニングを必死にこなしているうちに、全身のトレーニングがあっという間に完了してしまいます。

ケガを防ぐためにも、体幹の軸をしっかり作るこのトレーニングは必見です。

ソフトボール選手のための体幹強化サーキットトレーニング

ソフトボール選手のための体幹強化サーキットトレーニング~人数に関係なく室内や狭い場所でも手軽にできる効果的な体幹トレーニング~


ウィンドミルピッチングのフォーム指導|遠心力を使い、速く正確に投げるための正しいフォームとは? ウィンドミルピッチングのフォーム指導|遠心力を使い、速く正確に投げるための正しいフォームとは?

まったく初心者へのゼロからの指導法|ボールの握り方から、ウィンドミルの投げ方を手取り足取り指導

バルーンを使ったトレーニング、バランスボールを使ったキャッチボール、メディシンボールを使った
ツイスト

まったく初心者へのゼロからの指導法|ボールの握り方から、ウィンドミルの投げ方を手取り足取り指導

・グラウンドいっぱいをつかって行うサーキットトレーニングメニュー
 ケンケンパ、軽快走、ラダー・ミニハードル・股割り捕球

・狭いグラウンドでのサーキットトレーニングメニュー


梅雨の時期の練習法も、これさえあれば万全です。

ほんの数十分でできるサーキットトレーニングですが、これを採用しているかしていないかでは効果に明らかな差が出ます。

選手たちには、サーキットトレーニングの種目だけを教えてあげてください。
人数に合わせて勝手に組み合わせをつくり、楽しんでトレーニングをこなし始めます。

元気ソフトボールスクール生たちも、あれこれ工夫しながら真剣な顔で必死にトレーニングをしています。
次から次へ種目が変わることで、選手たちも飽きが来ないで練習に集中できるようです。

選手が毎日楽しく練習できるように、ぜひ速やかに成果が出る本教材を取り入れてみてください。


NEW! ソフトボール選手のための体幹強化サーキットトレーニング
~人数に関係なく室内や狭い場所でも手軽にできる効果的な体幹トレーニング~

DVD ソフトボール選手のための体幹強化サーキットトレーニング

商品番号:S0101
定価 6,300円(税込)

<収録時間:27分 撮影年2014年>


送料/全国一律700円(15,000円以上は送料無料) 代引手数料/324円



使用可能なクレジットカード

決済方法は、クレジットカード決済、銀行振り込み、郵便振替、代引きからお選びいただけます。
クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
(クレジットカードによって、一部ご利用いただけない場合があります)

FAX注文


ソフトボール選手のための体幹強化サーキットトレーニング

お客様から喜びのお声をいただきました


「痛い々病」が トレーニングを導入し少しずつ回数等が減ってきた様に実感/福岡のY.Tさん
指導対象者が小学生であるため時折「痛い々病」が発症しやすい時があるのですが トレーニングを導入し少しずつ回数等が減ってきた様に実感しています。 今後も継続は"力"なりでケガの少ない故障しない選手育成を技術習得だけに囚われな い様、注意をして指導をしていきたいと思います。
ソフトボール選手のための体幹強化サーキットトレーニング